タイトル

ウエイトン葛の花に配合「ビタミンB群」の効果や副作用は?




ウエイトン葛の花に配合されている「ビタミンB群」。

漠然と「体に良さそう」という認識はあっても、詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。
  1. ビタミンB群ってなに?
  2. ビタミンB群にはどんな働きがあるの?
  3. ビタミンB群に副作用はあるの?

ビタミンB群ってなに?

ビタミンB群とは、以下の8つのビタミンをまとた総称です。
  1. ビタミンB1
  2. ビタミンB2
  3. ビタミンB6
  4. ビタミンB12
  5. ナイアシン
  6. パントテン酸
  7. 葉酸
  8. ビオチン
ビタミンB群は、エネルギーを作り出すのに欠かせないものなので、毎日摂取したい大切な栄養素の一つ。
ビタミンが多い野菜
しかし、現代人は不足している人がかなり多いと言われています。

本来、現代の日本人の食生活であれば、ビタミンB群が不足することはありません。
しかし、ストレスや過度の飲酒、精製された白い食品(白砂糖など)の食べ過ぎなどによって、体内のビタミンB群が消耗してしまっていることもあり、結果的に現代人はビタミンB群が足りていない状態なのです。


こうしたことが背景となって、ビタミンB群を手軽に摂れるサプリが人気となっています。

ビタミンB群にはどんな働きがあるの?

前項で説明したように、ビタミンB群は8種類あるわけですが、それぞれの特徴や働きを簡単にまとめました。

ビタミンB1

私たちの体の中では、食べた栄養がエネルギーに変換されますが、これには酵素(タンパク質の一種)が必要です。

ビタミンB1は、酵素が糖質を分解して、エネルギーを作るのをサポートします。

ですから、ビタミンB1が不足すると体内で十分なエネルギーが作れず、疲れやすくなってしまいます。

ビタミンB2

ビタミンB2は、ビタミンB1と同様に、栄養をエネルギーに変える働きをサポートします。

ビタミンB2は、脂肪燃焼に関わるので、ダイエット中に摂取すると効果的です。

さらに、皮膚や粘膜を健康な状態に保つ働きもあるので、不足すると肌荒れや口内炎になりやすくなります。


口内炎に悩む女性

ビタミンB6

ビタミンB6は、タンパク質を分解し、エネルギーを作り出したり、体内で筋肉や血液が作られるのをサポートします。

また、ホルモンバランスを整える働きもあるため、メンタル面の安定にも影響する栄養です。

ビタミンB6が不足すると、皮膚炎や口内炎ができやすくなったり、貧血になったりします。

ビタミンB12

ビタミンB6と同様に、タンパク質の代謝をサポートするほか、体内で赤血球が作られるのをサポートします。

ビタミンB12は葉酸とともに、赤血球中のヘモグロビンを作り出すのです。

ですから、ビタミンB12が不足すると、赤血球の数が減少してしまったり、貧血になったりします。

ナイアシン

ナイアシンは、糖質・脂質・タンパク質などの代謝に関わるほかにも、体内のあらゆる酵素の働きをサポートする万能な栄養素です。

アルコールの分解も助けるので、二日酔いにも効果があります。

また、末梢血管を広げて血流を良くします。

だた、ナイアシンは飲酒で失われやすく、不足すると頭痛や食欲低下、下痢、便秘になりやすくなります。

パントテン酸

パントテン酸は、体の中でエネルギーを作り出す働きがあります。

また、ホルモンを作るのを促したり、免疫力を強くするのにもひと役かいます。

パントテン酸が不足すると、風邪を引きやすくなったり、ストレスを感じやすくなったりと、心身両方の調子を崩しやすくなります。

葉酸

葉酸は、胎児の発育にも重要な成分であることから、妊娠中の女性が摂取すると良いことで知られている栄養素。

ビタミンB12と同じく、赤血球が作られるのをサポートします。

葉酸が不足すると貧血になるほか、集中力が低下したり、食欲が低下したりします。

ビオチン

ビオチンも糖質・脂質・タンパク質の代謝を助けます。

また、筋肉痛を緩和する働きもあるので、トレーニングをしている人がよく摂取する栄養素でもあります。

ビオチンが不足すると、筋肉痛が起こりやすくなるだけでなく、薄毛や白髪、皮膚炎などが起こりやすくなります。

まとめ

このように、ビタミンB群は糖質、脂質、タンパク質の分解・代謝に大きく貢献しているほか、新陳代謝を促す働きも持っています。
ビタミンが多い野菜
近年、ビタミンB群がダイエットに効果的であると注目され、多くのダイエットサプリなどに配合されているのはこのためです。
つまり、ビタミンB群が不足すると代謝が悪くなり、新陳代謝が滞り、余分なものを溜め込みやすい体になってしまうため、いくら食事制限などを行っても痩せにくくなってしまうのです。


また、ビタミンB群は、お互いに助け合ってこそ効果を発揮する栄養素なので、1つの種類を集中的に摂ってもあまり意味がありません。

ビタミンB群を摂るときは、まとめて(複合体で)摂るのがベストです。

ビタミンB群に副作用はある?

このように、エネルギー代謝やダイエットにも効果的なビタミンB群ですが、副作用についてはどうでしょうか?

たくさん摂取すると体に害はあるのでしょうか?

ビタミンB群は水溶性なので、副作用はありません。

仮に、ビタミンB群を摂りすぎてしまっても、尿となって排出されるので心配ないのです。

安心して積極的にビタミンB群を摂っていきましょう。



TOP