タイトル

お酒はなぜ内臓脂肪を増やす?お酒と上手に付き合ってヘルシーに痩せよう




お酒を飲み過ぎるとぽっこりお腹になってしまう。内臓脂肪が増える原因の1つはお酒によるものだと言われています。

そこで今回は、なぜお酒が内臓脂肪を増やすのか、またどのように対策したらよいのかについて紹介します。

肝臓がお酒のアルコールを分解すると内臓脂肪の増加につながる

お酒は血液の流れを良くして新陳代謝を高めたり、動脈硬化を予防したりしてくれます。また、心身をリラックスさせるのでストレスの発散にもお酒は効果的です。

昔から適度な飲酒は健康に良いとされていますが、多量のお酒は内臓脂肪の増加につながります。

口から入ったアルコールの約20%は胃から吸収、80%は小腸から吸収されるのですが、これら吸収されたアルコールの大部分は肝臓で処理される形になります。
アルコールはヒトの体にとって“毒”なので、肝臓がアルコールを分解し解毒してくれるのですが、この過程で肝臓で中性脂肪の合成が促進されてしまったり、脂肪燃焼の働きが抑制されてしまったりします。
肝臓
こうしたことは、内臓脂肪の増加につながっていくわけです。

ようするに、お酒を摂取すると内臓脂肪が増加するのはヒトの体のメカニズムで、避けて通れないのです。

お酒を飲むと食欲が増し必要以上に食べてしまう

お酒のアルコールは胃壁を強く刺激するので、胃酸の分泌量が多くなります。
特に、ワインやビールなどは胃壁を強く刺激するようですが、こうした刺激によりたくさんの胃酸が分泌されると、食欲が増進されてしまうのです。
お酒を飲むと、おつまみを食べたくなるのはこのためです。

さらに良くないのは、アルコールが誘発する食欲はたちが悪く、内臓脂肪の増加につながる唐揚げや天ぷらなどの油ものや、ラーメンなど脂質の多いものを求めてしまうということ。

普段はきちんと内臓脂肪対策ができていても、お酒を飲んだとたんに誘惑に負けて暴飲暴食してしまったということは多々あるのではないでしょうか?

内臓脂肪対策するならお酒はやめるべき?

ならばお酒をきっぱりやめるべきでしょうか?

先にもふれたように、お酒は心身をリラックスさせ、血行を促進する効果もあります。こうしたことは肥満の解消にもつながります。

ですので、お酒と上手に付き合っていくというのがやはり正解でしょう。

一日よりも一週間の総量が大切

厚生労働省によると、節度のある適度な飲酒量は純アルコール量で20gとしています。これは日本酒で考えると1合ほどの量になるようです。
日本酒
多くの人はそのラインを越えなければ問題ないと考えるのですが、1日よりも1週間の総量が大切のようです。

1日当たり20gということは、週に換算すると約150gになるわけですが、休肝日を設ければ1日当たりの適量の20gを超えても問題はないということです。

例えば、仕事で会食が多い週は自宅での飲酒をやめるとか、休肝日を増やすなどするということです。

このようにすれば、ストレスを溜めることなくお酒を楽しむことができます。
ただ、一週間の総量が150gまでなのだから、1日で150gを飲んで残りの6日はすべて休肝日という極端な飲み方はいけません。


【参考】酒は毒か薬か?酒ジャーナリストが医師に聞いた[NIKKEI STYLE]

一緒に食べるおつまみが大切

飲酒量を控え目にすることも大切ですが、一緒に食べるおつまみを選ぶこともとても大切になってきます。
お酒のおつまみとしておすすめしたいのは、枝豆や冷奴などの大豆製品。これらに含まれるサポニンという成分は、油を包み込み、体内で吸収されるのを防いでくれたり、血液中の脂質の排出を促進してくれるので、内臓脂肪が増えるのを抑制できます。
また、血糖値の急上昇を抑えてくれる野菜類や、腸内環境を整える食物繊維が豊富な食品がおすすめです。

そう考えると、サラダや野菜スティックがいいかもしれませんね。

飲み会に誘われたらどうしたらいい?

とはいえ、いくらお酒に気をつけていても、仕事上の付き合いや同窓会や忘年会などでお酒をどんどん勧められてしまうこともあるでしょう。

こればかりは仕方ないと、相手のペースにのまれてしまってはせっかくの取り組みが一瞬で台無しになってしまいます。

先にもお話ししたように、アルコールは胃液の分泌を促進して食欲を増大させてしまうので、ついつい高脂質のものをオーダーしてしまいがちになります。

ですので、まずはそういったものを避けて、お刺身や焼き魚、サラダや冷奴、枝豆、レバーなどを楽しみましょう。

お酒はストレス発散になりますが、内臓脂肪の増加は死へとつながりかねない危険なもの。お酒はほどほどにしましょう。

【関連記事】内臓脂肪の何が悪いのか?メタボが引き起こす3つの恐怖を解説


TOP