タイトル

検索順位をSEO対策で上げるには?必要な5つのポイント【2019年版】




自社のwebサイトを検索上位に表示させてサービスや商品をPRしたい。または、アフィリエイトで収益を上げたいという場合は、SEOで検索上位を取らなければなりません。

そこで今回は、webコンテンツをSEOで上げるにはどうしたらよいのかについて、5つのポイントを紹介します。

※写真はイメージです

月収250万円アフィリエイター

[取材協力]
小坂公廉さん
ブロガー歴5年のアフィリエイター。300以上のブログを運営しており、平均月収は250万円。現在は企業向けSEOコンサルタントとしても活躍中。

WebコンテンツをSEOで上げるための条件はたった2つ

検索エンジンとひと口に言っても、goolgeをはじめyahoo!やbing、MSNなどいくつもの検索エンジンがありますが、日本でもっとも多く使用されているのはgoogleで約75%、続いてyahoo!が約20%となっています。

【参考】日本の検索エンジンのシェア率

yahoo!の検索エンジンはgoogleの検索アルゴリズム(検索順位の決め方)を採用していることを考えると、実質googleの検索エンジンのシェアが全体の95%を占めることになります。

ですから、googleの検索エンジンにいかに評価されるかがキモなわけです。

googleはアルゴリズムを公開していませんから、SEOで上げるためには専門家の意見も取り入れながら自身でも検証していく必要があります。

私自身もこれまで、300以上のブログを運営してきており、googleの検索エンジンを研究してきたのですが、シンプルにまとめるとSEOで上げるために以下の2つは絶対に欠かせない要素だと確信しています。
  1. サイトの滞在時間
  2. サイトへのアクセス数


SEOの上げ方に関しては、巷でさまざまな意見や憶測が飛び交っていますが、googleの検索エンジンがこれら2つのポイントを評価のための最大級の指標にしていることは明らかだと思います。ですから、これらを満たすwebコンテンツを作ればいいのです。

月収250万円アフィリエイター

ポイントを紹介します。

そのために、ぜひ押さえてほしいポイントが5つあります。
以降で紹介していきますので、SEO対策に苦戦している人はぜひ参考にしてくださいね!

1.【必須】ライバルサイトの内容をチェックする

今現在googleの検索上位に位置しているサイトは、現状のアルゴリズムに高評価されているということになります。

(アルゴリズムが変更されれば、別のサイトが上位にくる形になりますが)

それと同時に、掲載されている内容が検索意図に沿っていて、ズレがないということの裏付けとも言えます。
先にも説明したとおり、googleの検索エンジンンは「サイトの滞在時間」を評価のための一つの指標としています。仮に検索意図に沿っていない内容が掲載されているサイトだったら、訪問者は長時間そのサイトに滞在しませんよね。
ですので、webコンテンツを作る際は、現状のgoogle検索上位のサイトに書かれている内容に寄ったコンテンツを作ればユーザーの検索意図とのズレが生じないということになります。

ようするに、ライバルサイトの内容にまずは「寄せる」ということです。

ただ、まったく同じ内容のものを作ってしまっては、ライバルサイトに勝つことはできません。ライバルサイトよりも評価されるためには、ライバルサイトの内容よりも深い内容のものを作る必要があります。

つまり、ライバルサイトの内容に寄せつつ、もっと深掘りしたコンテンツを作るということです。

2.サイトに信頼性・権威性を持たせる

もし仮に、自宅に見ず知らずの人が来て、開口一番に「新聞を取ってくれませんか?」と言われたらどうでしょうか?

そもそもどこの新聞会社でこの人は誰なの?と不審に思うのが普通だと思います。当然、そんな人からのすすめで新聞の契約なんてしませんよね。
しかし、まず名刺を出し「●●新聞社の●●です。今日は新聞のご提案で伺いました、ちょっとお時間いただけないでしょうか?」という感じでアプロ―チされたら話くらいは聞くかもしれません。
ようするに、名刺は信頼性や権威性を獲得するためのツールの1つなのです。

webコンテンツの場合もこれと同様で、ユーザーやgoogleに評価されるためには、内容の信頼性を確立する必要があります。

特に運営を開始して間もないサイトの場合、信頼性や権威性というところでは先発のサイトに劣ってしまいます。

そこでおすすめなのが“引用”です。

つまり、信頼性や権威性のあるサイト(例えば官公庁や役所などの公的機関が運営するサイト)からの情報を随所で引用するということです。こうした施策がwebコンテンツの信頼性や権威性を高めることになり、結果として滞在時間やアクセス数のアップにつながっていくわけです。

3.記事の質を高めていく

狙った検索キーワードで思うように順位が取れていない場合は、コンテンツ量が不足していることが原因の場合が多々あります。
SEOで悩む
特に狙った検索キーワードで30~40位くらいの場合は、文章量を増やす、画像を差し込むなどしてコンテンツにボリュームを出すと、順位が上がる可能性があります。
ただ、やみくもにボリュームを出すだけなく、例えば、商品紹介のコンテンツであれば、その商品の口コミの数を増やしてみるとか、写真付きで体験レビューを追加するなど、見る人にとって有益なものを追加する必要があります。

4.補足記事を追加していく

先にもお話ししたように、記事(コンテンツ)の質を高めることも必要ですが、同時に補足記事を追加していくことも必要です。

記事を追加していくことで、狙ったキーワードに対しての専門性・網羅性が高まる形になり、検索エンジンからの評価を受けやすくなります。
ここでポイントとなるのが、適当に記事を足すのではなく月間の検索回数が少なめのニッチなキーワードでコンテンツを作ることです。


ニッチなキーワードで上位表示したコンテンツはSEOに有利な被リンクを獲得しやすいので、結果としてサイト全体の価値が高まるからです。

5.記事の加筆修正をする

以前執筆した記事が後になって見返したら検索意図を十分満たしていなかった箇所があるとか、誤字脱字があったとか、言葉の言い回しがわかりずらいとか、いろいろ気づくもの。
記事の加筆修正をおこなって記事をリフレッシュさせると、コンテンツの質が改善されたとして検索エンジンが評価を上げてくれることも多々あります。
一度作り上げた記事をそのまま放置するのではなく、時間ができたときでよいので、以前の記事を見直すようにしましょう。

まとめ

今回は、WebコンテンツをSEOで上げるために必要な5つのポイントについて紹介しました。

これからは、検索ユーザーに対して価値を届けられるwebコンテンツが生き残っていく時代になります。

本記事で紹介した5つのポイントはそのために必要不可欠な要素なので、ぜひ参考にしてSEO対策してください。

【関連記事】副業アフィリエイトで月10万円稼ぐために必要な作業量と時間は?


TOP