タイトル

【副業でプログラミングを始める】未経験者はスクールに通うべき?




プログラミングの仕事なら在宅でも可能。こうしたメリットを生かして「副業でプログラミングをしたい」という人は多いと思います。

とはいえ、未経験者の場合は、まずスキルの習得が必要になりますよね。

となると、プログラミングスクールに通うべきでしょうか?

そこで今回は、未経験者がプログラミングの副業をスタートさせるために、プログラミングスクールに通う場合、どのようなメリットとデメリットがあるのかについて紹介します。

プログラミングスクールの3つのメリット

義務教育と違い、プログラミングスクールは学費を払ってスキルを学ぶわけなので、やはりそれなりのメリットがあります。

早速ですが、ここからはプログラミングスクールのメリットについて3つ紹介していきます。

エラーやバグの改善に時間をかけずに済む

プログラミングを独学する場合、もっとも消耗するのがエラーやバクが発生したときです。

PHP、JavaScript、Ruby、Pythonなどプログラミング言語はたくさんありますが、どれをとっても英語と記号を用いた長文の羅列となります。
プログラミング言語
その中にタイプミスや文法ミスが1文字でもあると、どんなに素晴らしいプログラムを組んでも正常に動きません。

改善するには、こういった“エラーやバグ”を引き起こしている原因を長文で記述したソースコードの中から洗い出す作業が必要になります。

独学の場合、この途方もない作業を自分一人で行わなければなりません。時にはエラーやバグの発見に数日かかってしまうこともあるでしょう。

しかし、プログラミングスクールであれば、先生がエラーやバグの原因を指摘してくれるので、バグやエラーを短時間で修正することができます。
エラーやバグの修正のために膨大な時間を失うことがない。これがプログラミングスクールに通う最大のメリットです。

学習の方向性を間違えずに体系的に学べる

実は、私自身は独学でプログラミングを習得したのですが、プログラミングの学習を開始した当初は、書店で買ってきた入門書に記述されているプログラミングコードを、そのままPCのテキストエディタに書き写すという作業をしていました。

いわゆる“写経”です。
初心者にとってプログラミングは全く未知の言語ですが、赤ちゃんが周囲の大人の言葉を聞いているだけで自然に言語を習得できるのと同じように、内容が理解できなくてもコードを書いていれば自然に身につくのではないか?と考えていたのです。
しかし、その「写経」を4ヶ月継続しても5ヶ月継続しても、まったくプログラミングは身につきませんでした。

その後「このままではプログラミング言語が習得できない」と思い、入門書の内容を最初から最後まで頭に叩き込んでいくことで徐々に習得できていったわけですが、これは独学ならではの落とし穴のように思います。

プログラミングスクールであれば、こういった間違った学習法をして遠回りせずに済みます。

これも大きなメリットです。

モチベーションが維持しやすい

先にも述べたように、プログラミングは英語と記号を用いた文章をひたすら記述していく作業です。

時としてその作業量や複雑さ、難易度に心が折れてしまうことも多々あるのが普通。そのようなわけで、独学の場合は特に、モチベーションを保つが難しいです。

プログラミングスクールに通っていれば、先生が背中を押してくれたり、同期の仲間に励まされてたりするでしょう。

また、学費を払って勉強しているという意識もモチベーションの維持につながります。

プログラミングスクールの3つのデメリット

前項までで、プログラミングスクールのメリットを3つ紹介しましたが、ここからはデメリットについて紹介していきます。

主なデメリットは以下の3つです。

高額な学費を払わなければいけない

プログラミングスクールの学費はかなり高額になります。

オンラインスタイルや通学スタイル、またはその両方など、さまざまなスタイルでスクールが開かれていますが、どのスタイルを選ぶにせよ相場的には1ヶ月10万円以上します。

有名どころのプログラミングスクールを以下にピックアップしましたので、お値段をチェックしてみてください。

テックアカデミー

テックアカデミー
スクール名
テックアカデミー
運営会社
キラメックス株式会社

無料体験あり。フリータイム制でコースも充実している大手のオンラインスクール

形式 オンライン
料金 (例:webアプリケーションコース)

  • [4週間プラン]139,000円
  • [8週間プラン]189,000円
  • [12週間プラン]239,000円
  • [16週間プラン]289,000円

※すべて税別価格。上記は社会人向け料金です。


テックブースト

テックブースト
スクール名
テックブースト
運営会社
株式会社Branding Engineer

教室に行けばマンツーマンで教えてもらえる、コワーキングスペースも自由に利用可能。

形式 オンライン/通学
料金
  • [月額]29,800円
  • [入学金]219,800円

※すべて税別価格。上記は社会人向け料金です。


テックキャンプ

テックキャンプ
スクール名
テックキャンプ
運営会社
株式会社div

無料体験あり。教材がかなりわかりやすくスムーズに学習でき、教室で直接質問できる。

形式 オンライン/通学
料金
  • [月額]14,800円
  • [入学金]14,8000円

※すべて税別価格。上記は社会人向け料金です。


DMMウェブキャンプ

DMMウェブキャンプ
スクール名
DMMウェブキャンプ
運営会社
株式会社インフラトップ

自分の好きなときに教室に通い放題で、講師に質問できる。

形式 通学
料金
  • [月額]128,000円

※すべて税別価格。上記は社会人向け料金です。


デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジタルハリウッド STUDIO by LIG
スクール名
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
運営会社
株式会社LIG

自分の好きなときに教室に通い放題で、講師に質問できる。

形式 通学
料金 (例:webプログラミングコース)

  • [6ヶ月]450,000円

※すべて税別価格。上記は社会人向け料金です。




スクールによって受講期間は異なりますが、それなりのスキルを習得するとなると、最低3ヶ月は必要のようです。

ですので、副業をスタートさせるためのプログラミング学習にこれほど多額の金額を投資するだけのメリットがあるかどうかを、じっくり考える必要があるでしょう。

主体的に学ぶ姿勢になれないし、結局は独学することになる

プログラミングスクールでは講師が指導してくれるので、受動的なスタンスになりやすく、主体的に学ぶ姿勢になりづらい部分があります。
わからなければすぐに講師に質問できるという環境下では「自分で調べて改善していく」という、プログラマーに必要不可欠な要素が身につきにくいのです。


お金を払っているのだから教えてもらうのは当然だと言えばそうなのですが、そういった環境であるがゆえのデメリットもあるということです。

それに加え、プログラミングスクールに通っても結局は独学になるということもあります。
プログラミングを独学する
つまり、プログラミングスクールである程度のスキルが習得できても、いざ現場を経験すると現状のスキルでは通用しないことに気づくでしょう。

ようするに、プログラミングスクールにちょっと通った程度のレベルでは、思うように仕事を受注できないので、結局は独学していかないといけないわけです。

そもそも、プログラミング言語は随時アップデートされているため、プログラミングスクールで学んだことをこの先もずっと同じようには使えません。

時間の調整が大変

プログラミングスクールとひと口にいっても、オンラインやオフラインなど、受講スタイルはさまざまです。

オフラインスクールの場合、現状会社勤めをしている人は教室に通うために時間を割かなければいけませんし、交通費もばかになりません。
ならばオンラインスクールであればいいのでないかと思うかもしれませんが、自分に都合の良いペースで進められるとも限りませんし、課題の提出期限などもあります。
そもそも受講期間は無期限ではないので、スピーディーに学んでいかないといけないのです。

このようなわけで、オンラインスタイルのプログラミングスクールであっても、かなり時間の調整が求められます。

副業のためのプログラミングスクール入校はよく検討してから決めよう

ここまで、プログラミングスクールのメリットとデメリットを3つずつ紹介しました。

プログラミングスクールは高額なので、利用して失敗してしまったということがないように、メリット・デメリットをしっかり把握した上で判断していきましょう。


TOP