タイトル

【未経験からはじめる】プログラミングの副業で必要なレベルはどのくらい?




「プログラミングの仕事は将来性があるし、在宅でもできるから副業でやってみたい」という人が増えているようです。

そこで今回は、副業プログラマーとして稼ぐためにどのくらいのスキルが必要なのかを金額別に紹介したいと思います。

※写真はイメージです

月30万円以上稼ぐ副業プログラマー

[取材協力]
安藤正孝さん
未経験からオンラインスクールでプログラミングを学習し、現在は本業のかたわら副業プログラマーとして月30万円以上を稼ぐ。習得している言語はHTML、CSS、PHP、JavaScript、Python。

プログラミングで副業するなら最低限web系の言語の習得は必要不可欠

副業でプログラミングをやりたいからスキルを習得していきたい。または、ある程度プログラミングはできるけど、個人で仕事を受注したことがないという人にとって、どのくらいのレベルなら副業プログラマーとして通用するのかが気になるところだと思います。
プログラミング
プログラミングの仕事とひと口にいってもweb開発やロボット開発、ソフトウェア開発など種類はさまざまです。

これらのうち、初心者かつ副業で携わるのであれば、web系のプログラミングの仕事が現実的だと思います。つまり、web制作やそれに付帯するプログラミング案件の受注を目指すということです。

web系のプログラミング言語であれば難易度が低く、比較的案件数も多いので副業でやりやすいと思います。

具体的には、以下の言語の基本を習得していれば、副業プログラマーとして十分やっていけます。
  1. HTML(webページを作ることができる)
  2. CSS(webページをデザインすることができる)
  3. PHP(ショッピングカートなどのwebアプリを作ることができる)
  4. JavaScript(ポップアップなど、サイトに動きをつけることができる)


ちなみに、HTML、CSSはプログラミング言語ではなく「マークアップ言語」といい、Webページを作るための言語です。

この2つはプログラミング言語ではありませんが、PHPやJavaScriptなどのウェブプログラミング言語は、HTML、CSSと密接に関わり合っているので、これ無しにはwebプログラミングの開発ができないため、習得している必要があります。

【関連記事】未経験者が副業webデザイナーで稼げるか?学習法や注意点をおしえます

副業プログラマーとして月5万円稼げるレベルは?

それではここからは、どのくらいのレベルでどのくらいの収入が得られるのか、その具体的な目安について説明していきたいと思います。

副業でプログラミングに携わる場合、外廻り営業をして仕事案件を取ってくるということは現実的に難しいと思いますので、多くの場合、クラウドソーシングを利用して仕事を受注する形になると思います。

例えば以下のようなクラウドソーシングサービスです。

まず、月5万円の収入を目指すのであれば、以下のような案件を月に2~3個受注していけば月5万円の収入はクリアできます。


クラウドソーシングの5万円以下の案件

出典:ランサーズ(Lancers)



これらの仕事は、HTML、CSSの基本が理解できているレベルであれば、難なくこなせる案件です。JavaScriptなどを使用する必要があったとしてもそう難易度は高くないので、つまづいたとしてもネットで調べるなどすれば十分対応できるでしょう。

初心者で実績がない場合は、上記のように比較的難易度が低い小規模の案件をコツコツ受注してくのがベストです。このような難易度で小規模な案件はライバルが多いので、募集に遅れをとらないよう、こまめにクラウドソーシングサイトをチェックしましょう。

要領を掴めるようになるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、とにかく数を受注して慣れることです。

副業プログラマーとして月10万円以上稼げるレベルは?

副業プログラマーとして月10万円を目指す場合についてはどうでしょうか?

前項で紹介したような小規模な案件をコツコツ積み重ねていくという方法でも月10万円は可能かもしれませんが、副業でやる場合は作業できる時間が限られるので、そういったことを考えると、中規模の案件も組み入れていくとよいでしょう。

例えば、以下のような案件を月1件受注するだけでもかなりの収益になります。


クラウドソーシングで10万円以上の案件

出典:ランサーズ(Lancers)



月10万円以上稼ぐためには、タスク案件(部分的な仕事案件)ではなく、webサイトの制作を丸々請け負うなどの案件が必要になります。

そうなると、メールフォームの作成や、ページにちょっとした動きをつけるために、PHPやJavaScriptなどのスキルも必要になってきます。
ただ、高度なスキルは必要なく基礎知識があれば十分。自力で解決できない部分がもし出てきたら、MENTAやココナラなどのオンラインマーケットサイトで技術者に質問すれば大丈夫です。


【関連記事】【独学でwebデザイナーになる】上達の早いおすすめの勉強法

技術的なことに加えコミュニケーション能力が非常に大切

これまで“技術”にフォーカスしてお話ししてきましたが、それ以上に大切なのは、ズバリ「コミュニケーション能力」だと思います。
コミュニケーション能力
副業プログラマーとして活動すること自体、自分が事業主という立場になるのですから、技術的な面だけにとどまらず顧客対応もすべて自分一人でやらなければいけません。

分業が当たり前、自分の持ち場の仕事だけこなしていればいいというサラリーマン思考では、副業プログラマーとしてやっていくのは無理でしょう。

特に、クラウドソーシングを利用しての仕事はなかなかスムーズにいかないことが多いです。

依頼してきたお客さんと突然連絡が取れなくなったり、納期や報酬額で認識のズレが生じたりすることも少なくありません。
ですので、相手の意図していることをしっかりくみ取ることができ、同時にこちらの意思も相手に上手に伝えられるコミュニケーション能力が必要なのです。


しっかりしたコミュニケーションを取っていけば、トラブルを最小限にすることができたり、単価の交渉にも有利になります。

まとめ

本記事では、副業プログラマーとして稼ぐために必要なスキルについて紹介してきました。

副業でやるとなると、本業に出ている間はクライアントとコミュニケーションが取れなかったり、納期がきつかったりなど、大変なこともあります。

しかし、やればやるほどスキルアップしていける楽しさもあります(しかもお金をもらいながら)。

ぜひ、チャレンジしてみてはどうでしょうか?


TOP