タイトル

薄毛対策に効く食べ物はこれだ!食習慣の改善が毛を増やす




薄毛の対策にもっとも効果的なのは、薄毛対策に効果的な食べものを積極的に食べることです。

多くの人が毛を無くす原因は食べ物に問題がある可能性が高いのです。

そこで今回は以下の点について紹介したいと思います。

薄毛対策に効果的な朝食メニュー

薄毛対策に効果的な朝食を選択する上で重要ポイントとなるのが、腸内環境の良化に役立つかどうかです。

朝食に腸内環境に良い食べ物を食べることで、内蔵機能をアップさせることができ、その後の昼食や夕食で育毛に必要な栄養の吸収もアップさせることができます。

また、腸内環境が良くなると体内の血液の流れが良くなるという点からも、頭皮まで栄養が届きやすくなることが期待でき、薄毛に対策に効果的なのです。
このようなわけで、朝に食べるとよいのは生の野菜や果物です。


朝は出勤前などで時間がないと思いますが、そこは少し早く起きるのを習慣化して、しっかり生の野菜や果物を摂ることです。

できれば5種類以上の野菜や果物をまんべんなく摂るようにしましょう。

毎日同じものを食べると飽きもきてしまいますから、季節の野菜や果実を上手に組み込むと習慣化しやすいです。

では、ここで具体的に食材を紹介します。


朝食に摂ると薄毛対策になる食材
野菜 キャベツ・ニンジン・トマト・きゅうり・セロリ・白菜・レタス・ブロッコリー・トマトなど
果実 リンゴ・梨・キュウイフルーツ・スイカ・ブドウ・バナナ・イチゴ・マンゴー・パイナップルなど


これらの生の野菜や果実を大きめの茶碗大盛で一杯を朝食として食べるようにします。

そのときに、おすすめなのが食べるときによく噛んで食べること。

よく噛んで食べることによって、唾液の分泌が促進されるわけですが、唾液中には「酵素」が含まれており、これが栄養を高分子から低分子にするため、腸の負担を減らすことになり、より腸内環境が良くなります。

腸内環境の良化を目的とするのであれば、ヨーグルトが良いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、体外から善玉菌を摂取しても「新参者」ははじかれてしまい、そのまま腸内菌として働くわけではないので、栄養をしっかり摂れると同時に、腸内菌のエサとなる野菜や果実を食べた方が効果的なのです。

薄毛対策に効果的な昼食・夕食メニュー

朝食に生の野菜や果実を摂って腸内環境を整えたところで、昼食と夕食はタンパク質を多めに摂るようにしましょう

いわずと知れず、タンパク質は髪の毛が作られるために必要な材料です。

しかも、タンパク質は筋肉の材料にもなるため、タンパク質をしっかり摂ることで筋肉量が増えますから、筋肉によって血管が圧迫されたり緩められたりするようになります。

このような作用が血液循環のための「ポンプ機能」となり、頭皮の血流の改善にもつながっていくのです。

ここでも具体的な食材をいくつか紹介します。


昼・夕食に摂ると薄毛対策になる食材
魚介類 鮭・タラ・鯛・アジ・鯖・まぐろ・ブラックタイガー・あさり・しじみ・かまぼこ・魚肉ソーセージ・はんぺん・ツナ缶など
肉類 牛肉すじ・牛モモ肉・牛フィレ肉・牛レバー・豚フィレ肉・豚レバー・豚モモ肉・豚ロース・豚足・鶏ササミ・鶏ムネ肉・鶏モモ肉・カモ肉・マトンなど


基本的には魚介類・肉類をローテーションを組みながらバランスよく食べるとベストです。

これらの食べ物に加え、タンパク質を摂る上で忘れてならないのが、卵と大豆製品。
納豆
卵に加え、納豆などの大豆製品はタンパク質を効率的に摂るには最適の食品です。

特に納豆は腸内菌が大好物ですから、タンパク質を摂れると同時に腸内環境も良くしてくれます。

薄毛対策に効果的なのは腸内環境を良くする食べ物とタンパク質中心の食べ物

薄毛対策に効果的な食べ物をネットで検索すると、あれこれとたくさんの情報が出てきます。

「コラーゲンがよい」「海藻類がよい」「カプサイシンがよい」などに加え、「このサプリが薄毛に効く」というような情報も。
しかし、ネット検索の上位に位置する情報はサイト運営者の「自分の商品を売りたい」という視点が根底にある情報が多く、信頼性に欠けるものも数多くあります。


それらの「薄毛の対策になる」とされる食べ物は、加工食品のものが大部分で保存料や防腐剤などの化学物質が含まれるのでおすすめできません。

これまでお話ししてきたように、薄毛対策に効果的な食べ物を選ぶ上で下記の2つがポイントとなります。


  1. 腸内環境を良くする食べ物
  2. タンパク質を多く含む食べ物


とはいっても、朝はともかく昼食の場合は時間の制限などの理由で、薄毛対策に効果的な食べ物を思うように食べられないということもあると思います。

その場合は、後述でお話しする食べ物を意識的に避けるようにし、薄毛を進行させないようにすることをおすすめします。

薄毛を進行させてしまう食べ物に注意せよ!

薄毛の改善に効果的な食べ物について、これまでお話ししてきましたが、逆に薄毛の進行を促進させてしまう食べ物もあるのは事実です。

もっとも注意してほしいのは、コンビニやファーストフードで買って食べられるものすべてです。
コンビニ
コンビニやファーストフードで売られている食べ物は、売れ残って廃棄するのをなるべく抑えたいがために、防腐剤や保存料が含まれます。

また、原価をできるだけ抑えるために、それほど質の良くない食品に化学物質を混ぜておいしく見せようとしたり、無理やり食感を良くしているのです。

メーカー側は「摂取しても人体に問題ない基準である」と主張しますし、厚生労働省が定める基準もクリアしています。

しかし、それら食品添加物を毎日毎日、体の中に入れるならばどうでしょうか?

10年、15年後でも何の影響もないでしょうか?
こうした食品添加物はヒトの腸内菌までも殺してしまい、栄養の吸収も阻害してしまうため、頭皮の血のめぐりもやがて悪くなり、栄養も十分に届かなくなるのです。
これまでお話ししてきたように、薄毛対策に必要なのは、腸内環境を整え、タンパク質多めの食生活を送ること。

ですから、コンビニやファーストフードで買える食べ物は、これらと相反してしまうわけです。

確かにコンビニはファーストフードは手軽で安価ですが、その代償は薄毛の進行という形であらわれることになります。

薄毛対策にはシャンプーの選び方も大事


TOP