タイトル

ラクビで痩せない?原因は腸の冷えかも!効果的な改善策も伝授




特にダイエットサプリメントは、受け入れる側である私たちのコンディションによって、痩せる痩せないが分かれる場合も少なくありません。
例えば、医師から風邪を治す処方薬を出されても、お腹を出して寝ていたら効果が出ないのと同様です。
ラクビは腸内環境の改善に貢献することでダイエット効果を狙っていますから、効果を実感するためにはラクビの使用と同時に腸内環境の悪化を招く要因を排除するとよいです
  1. ラクビで痩せない原因になり得る腸の冷えに注意しよう
  2. 腸の冷えを改善する方法

ラクビで痩せない原因になり得る腸の冷えに注意しよう

例えば、冬の寒い時期に屋外でランニングしようとするとします。 その場合、いきなり走りだすのではなく、多くの人は事前に準備運動やストレッチを入念におこない、体を温めてからランニングを始めるはずです。
ストレッチ
こうした事前準備は、ケガ防止のためでもありますが、そもそも体温が低いと、ヒトの体はスムーズに動かないのです。

つまり「冷えた状態」では、ヒトの体の機能は鈍いのです。
同じように、腸も冷えている状態だと蠕動運動(腸の収縮運動)もスムーズにできず動きが鈍いのです。
ようするに、ラクビを腸内で上手に働かせるためには、腸のパフォーマンスを上げる「体温」が必要なのです。

ラクビユーザーにとって腸の冷えは大敵なワケ

ある記録によると、50年前の日本人の平均体温は36.8℃です。

今の常識で考えると、発熱してるんじゃないか?と思うくらいの体温です。

一方、私たち現代人は体温が36℃以下の人がほとんどです。

特に女性は男性に比べ、低体温の人が多く、体温が35℃台の人がほとんどなのではないでしょうか?
体温計
体全体の体温が低いということは必然的に腸も冷えているということになります。

実は、腸の温度は腸内菌の働きに大きく影響してしまいます。

そもそも世に存在する全ての菌には「繁殖しやすい温度」というものがあるのです。

例えば、お風呂場のカビも一種の菌ですが、こういうカビ菌は高温多湿な場所でもっとも繁殖するようにです。

同じように、私たちの腸内に常在する菌にも活動しやすい温度というものがあります。
ラクビに配合されている、酪酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、温かい温度を好み、そうした環境下で本来の力を発揮します。 ですので、腸を温めると腸内菌がよく働くようになり、ラクビの効果もアップするわけです。
それでは、腸の冷えを改善し、ラクビの善玉菌効果を高める方法には、どんな方法が有効なのかを幾つか紹介したいと思います。

腸の冷えを改善する方法
① 体を冷やす飲み物食べ物を避ける

夏に暑いからといって、冷たい飲み物や食べ物を飲んだり食べたりすると内臓は一気に冷えてしまいます。

これにより、腸を含む内臓全体が冷えてしまい、血行が悪くなるのです。
血行の悪化
普段運動しない人は特に注意が必要です。

なぜなら、普段運動しない人は筋肉が落ちているので、そもそも血行が良くない状態ですから、冷えに拍車をかけることになります。

このように、冷たい飲み物や食べ物は直接腸を冷やすと同時に、血行を悪くするので、このダブルパンチで腸の動きも鈍るわけです。

ですので、少なくともラクビを飲んでいる期間(腸活期間)はできるだけ冷たい飲み物食べ物を避け、常温の飲料を飲むようにしたり、温かい食べ物を食べるようにすることをおすすめします。

腸の冷えを改善する方法
② 不規則な生活を改善したりストレスを解消する

意外かもしれませんが、不規則な生活やストレスも腸の冷えを引き起こす大きな要因です。
ストレス
これには自律神経が関係してきます。

例えば、あなたが夜更かししたりして睡眠不足が続いたり、職場の人間関係でストレスを感じたりすると、自律神経のサイクルが崩れてしまいます。

健康な状態の自律神経は、日中に交感神経が優位になり、夜間に副交感神経が優位になります。

しかし、夜更かししたり、ストレスを感じていたりすると、それに対応しようとして交感神経が出ずっぱりになってしまうわけです。
交感神経は、内臓の活動を休止させることで日中の色々な作業に集中できるように仕向けてくれる一方で、血管を細くするため血流が悪い状態になります
この状態が長期化すると、腸を始めとする内臓の温度が血行不良により冷えてしまうのです。

こうしたことが腸の働きを悪くするため、不規則な生活を改善したり、ストレスを解消したりすることが必要です。

普段から腸の冷え対策をすることが大切

これまで、腸の冷えがラクビの効果に大きく影響すること、そして、腸の冷えを改善する2つの方法についてお話ししてきました。

そもそも腸を含め内臓全体を冷やしてしまうことは、健康面、美容面にとても悪いです。

冷えは、血行や代謝を悪くするので、体全体の機能を低下させると共に、肌荒れのや老化の原因にもなります。

ですので、普段から体を冷やさない生活習慣を心掛けることをおすすめします。



TOP