タイトル

「ラクビは痩せない」その背景に潜む自律神経の乱れ!解決策は?




ラクビは腸内菌のバランスを調整し、腸の働きを良くしてダイエットにつなげるためのサプリ。
逆に考えれば、腸の働きを悪くさせる要因が、ラクビの効果を阻む要因となってしまうわけです。
もしかしたら、私たちは知らず知らずのうちに、腸の働きを悪くする行動を取ってしまっているかもしれませんので、生活習慣や食生活の見直しが必要になるかもしれません。

ですので、ラクビを使用しても痩せないという事態をなるべく避けるために、腸の働きを悪くさせる要因を徹底的に排除した方がよいのです。
  1. 自律神経の乱れが腸の働きを悪くする要因となる
  2. 自律神経の乱れを改善して腸の働きを良くし、ラクビの効果も高める方法

ラクビを飲んでも痩せないのは自律神経のせい?

腸の機能を低下させる大きな原因の1つに「自律神経のバランスの乱れ」があげられます。

実は、近年の腸に関する研究により、自律神経が腸の働きに大きく影響することが明白になってきています。

本題に入る前にまず、そもそも自律神経とは何なのかを簡単に説明します。

自律神経とは?

私たちは、手を動かして何かの作業をしたり、車を運転したり、ジョギングしたりと、生活の中で“運動”をしていますよね。

これらの運動は私たちの意思が関与しています。

例えば、紙をハサミで切るときは、私たちは手に「動け」と命令して作業させるのです。つまり意思が介在しています。

このような行動は「運動神経」が命令を出して作業させています。

一方で、自律神経はこれと真逆です。

例えば、心臓を動かしたり、腸を動かしたり、血液を流したりするのに、私たちの意思は関与していないわけです。
内臓
要するに「勝手に動いている」。

この「体の各臓器が勝手に動くように命令している」のが自律神経の実態です。


ラクビは腸内菌のエサとなる成分が濃縮されていて、腸内菌を元気にするという側面から腸の働きを良くすることを目指しています。

先ほど、腸の司令塔になっているのは、自律神経だとお話ししました。

ですから、ラクビが腸内菌を元気にするという側面からいくら働きかけをしても、腸の機能の根幹を支える自律神経が乱れていると、腸は本来の働きができないのです。

このように、腸の働きと自律神経は深い因果関係があるのです。

ラクビを使用するなら知っておこう!自律神経が乱れると腸にこんなに悪影響

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類ありますが、交感神経が優位のときと、副交感神経が優位のときとでは、腸の動きが違います。

交感神経が活発なとき

交感神経が優位なときはいわばテンションアゲアゲモード。心拍数や血圧が上がります。

逆に胃や腸などの消化器官は仕事休み。機能を停止させます。

副交感神経が活発なとき

副交感神経が優位なときはリラックスモード。交感神経と真逆の作用になります。

食べ物を食べているときや寝ているときなどのリラックス時は、副交感神経が活発になります。

そして、胃や腸では消化液がたくさん分泌されて、消化を助け、腸は活発に働きます。

交感神経は早朝から夕方にかけて活発になり、それと入れ替わるように、副交感神経は夕方から夜明けにかけて活発になります。

ですから、例えば、夜遅くまでパソコンやスマホをいじっていたり、お酒を飲んだり夜遊びをしていたりすると、その時間帯に活発になるはずの副交感神経が機能しなくなります。
夜更かし
交感神経が活発になってしまい、副交感神経が抑え込まれてしまうのです。
このようにして交感神経と副交感神経のサイクルが崩れます。自律神経のバランスが崩れるというわけです。
やがて、それに影響を受けて腸の働きも悪くなります。腸は副交感神経が活発にならないと働きが鈍いのですから。


自律神経の乱れは、腸の働きを悪くするので、腸の働きを良くしようとするラクビとは相反してしまうという格好になってしまうわけです。

では、ラクビの効果を弱めないためにも、自律神経の乱れをどうやって修正していったらよいのでしょうか?その点について後述していきたいと思います。

ラクビを使用しても痩せないを防ぐために自律神経を整えよう

自律神経の乱れを修正するためには、場合によっては生活スタイルそのものを大きく変えなければいけないケースもあります。

医療関係の仕事をしている方であれば、当直などで昼夜逆転の生活を余儀なくされるでしょうし、その他の仕事であっても帰宅が深夜になってしまうなどして、不規則な生活を余儀なくされるでしょう。
残業
そうすると、私たちに遺伝的に組み込まれている生活スタイル、つまり、日の出とともに起床して日の入りとともに就寝する「自律神経」のサイクルに沿った生活スタイルを送ることはかなり難しいわけです。

しかし「自律神経が乱れるから」という理由で仕事を辞めるわけにもいかないのが現状。

ですから、おすすめなのは、日ごろから副交感神経を優位にする「リラックスを呼び覚ますための工夫」をするようにしてほしいと思うのです。

ヨガや瞑想などでも用いられ、副交感神経を優位にすることで広く知られているのが「順腹式呼吸」です。
運動
順腹式呼吸とは、胸郭(心臓、肺などを保護する胸部の骨格)をできるだけ動かさずに、腹部で息を出し入れするように行う呼吸法です。
息を吸うときは、膨らませるようにしてお腹を前に突き出し、反対に息を吐くときは胸部を引っ込めるにようにして息をしぼっていくのです。
この呼吸法は、全身の筋肉を緩める効果があり、しかも腸を含む内蔵を刺激するため、内蔵の機能がアップするとも言われています。
呼吸
仕事や家事の合間、就寝前などに少し時間を取って日々この順腹式呼吸を数分おこなうだけでも、自律神経の乱れの改善に大いに役立つのです。 ラクビを使用している方であればなおさらですが、ぜひ順腹式呼吸を実践してみてはいかがでしょうか?



TOP