タイトル

ラクビの効果を格段にアップさせる酵素を取り入れるべき理由




ラクビに豊富に含まれる成分は腸内細菌を元気にするので、腸の働きがアップすることが期待できます。

ですから、腸の働きを良くする因子は、ラクビユーザーにとって相乗効果があるということになるわけです。
ラクビに相乗効果があるのでおすすめしたい「酵素の多い食べ物」

ラクビと相性が良い?そもそも酵素とはどんなものだろう?

「酵素」という言葉は知っていても、どんなものなのかよく分からない人はとても多いと思います。

酵素とは、私たちの体内で必要なときに応じて分泌されるタンパク質で、臓器を機能させるための触媒であったり、食べ物の消化をサポートする物質です。
酵素
(あとで説明しますが、野菜などの食物にも酵素は含まれます)

この「酵素」と呼ばれるタンパク質、実は腸内環境に大きく影響を及ぼします。

先ほども触れましたが、私たちの体内で分泌される「酵素」は、臓器を機能させるための触媒(しょくばい)です。
触媒とは、それ自身は変化しないが、他の物質の化学反応のなかだちとなって反応速度を速めたり遅くしたりする物質のこと。
ようするに、ヒトの臓器は体内で起こる化学反応によって機能していますが、酵素はその化学反応に関わっているということです。

もちろん腸も「臓器」ですから、酵素が関わることによってはじめて機能するというわけです。 しかし、酵素は条件によって反応速度が鈍ったり、失活したりします。

そうすると、腸の機能も低下する形になります。

このように、酵素は腸を含む「臓器のパフォーマンス」を左右する物質の1つというわけです。

さらに、酵素の働きはもうひとつ。

酵素は食べ物の消化にも密接に関わります。

私たちが食べ物を食べると、口腔内、胃、腸などの消化器官内で消化液が分泌されますが、消化液には酵素が含まれます。

例えば、唾液にはアミラーゼ、胃液にはペプシン、小腸ではトリプシンやリパーゼなどの酵素が分泌され、食べ物の消化に関わるのです。

消化器官
実は、消化器官内で十分酵素が分泌されることは、腸内環境をより良くします。

なぜなら、酵素の分泌が少ないと、十分なレベルまで食べ物を分解できないため、未消化で高分子の栄養を腸に届けてしまうことになり、それが悪玉菌のエサになってしまうためです。

ですから、酵素は腸内環境をよい状態に保つために必要な因子となります。

ラクビも酵素も、腸内環境の改善を後押しするという点で共通しているため、相乗効果があると言えるわけです。

酵素は食事から摂取できるが・・・

前項で、腸内環境の改善に酵素がひと役かうことをお話ししましたが、私たちの体内で分泌される酵素は増やせないものでしょうか?

酵素は、私たちの体内に存在する物質ですが、食物にも豊富に含まれます。

例えば、野菜やフルーツ、納豆やキムチなどに豊富に含まているのです。
酵素が含まれる納豆
しかし、これらを食べたからと言って、私たちの体内の酵素を直接的に増やすことはできません
なぜなら、私たちの体内で作られる酵素は、遺伝子の情報をもとに作られる物質なので、食物に含まれる酵素とは別ものだからです。


巷では、酵素サプリや酵素ドリンクが流行っていますが、摂取すれば体内の酵素が増えて、代謝が向上しダイエットや美肌に効果的と宣伝されているものもあります。

実は、これは間違いということになります。

しかし、酵素は食物を食べることによって増やすことはできませんが、食物に含まれる酵素を積極的に摂取することによって、体内で酵素が作られるための材料を確保できますし、働きを強化することができるのです。

また、食物に含まれる酵素は、私たちの消化液に含まれる酵素と同じく、食べ物の消化をサポートするので、腸内環境の改善に大きく貢献します

ラクビに相乗効果がある食物酵素を上手に摂るコツとは?

では、具体的にどのような食品や食物に「酵素」が含まれるのでしょうか?

前述したとおり酵素は、納豆やキムチ、味噌や醤油、漬物などの発酵食品に豊富に含まれますが、さらに野菜やフルーツ、野草や海藻にも豊富に含まれます。
このような食品を、普段の献立に接触的に盛り込むことで酵素を摂取すると、ラクビとの相乗効果で腸内環境の改善を引き寄せることができるのです。


しかし、酵素が豊富だからといって、酵素が含まれる食べ物をむやみに食べても効率的に酵素を摂取することはできません。

調理法によっては、酵素の働きが失われてしまう場合があるので要注意です。

酵素は、一定の温度を上回ると反応速度が遅くなったり、失活してしまったりする、つまり酵素は熱に弱いということです。

ですので、酵素を効率よく摂取するには、野菜やフルーツを生で食べるか、ミキサーでジュースにするなどするとよいでしょう。
ミキサー
また、酵素は時間がたてばたつほど、働きが失われていくという特徴があります。

野菜やフルーツはカットした面から酵素が徐々に失われていきますので、新鮮なうちにいただくのがより好ましいです。

ラクビと酵素で効率よく腸内環境を整えていこう

これまでのお話しで、ラクビと酵素はどちらも腸内環境の改善に役立つ、という点で非常に相性が良いことがお分かりいただけたと思います。 大切なことは継続していくことです。
食物酵素を積極的に摂る
腸内フローラは、これまでの生活スタイル、生活環境、遺伝、どのような食べ物を食べてきたかなどの長年のデータに基づいて形作られています。

ですから、そう簡単に変わるものではありませんが、食生活の改善を持続していくことで、腸内フローラは変えることができます。

ラクビや酵素は、健康的で痩せやすい腸内フローラ作りにとても有効な食品ですから、継続して摂取していくことをおすすめします。



TOP