タイトル

職場の人間関係でもうギブアップ!仕事を辞めたいときの解決策




誰でも職場の人間関係に悩むことはありますが、時として「もう仕事を辞めたい」と思うほどに発展してしまうことがあります。

そこで今回は、職場の人間関係に疲れた・・・仕事を辞めたいと思ったときにおすすめしたい対処法について紹介します。

あなただけではない!?職場の人間関係に悩んで仕事を辞める人はこんなに多い

まず、職場の人間関係に悩んで仕事を辞めたいと思うこと自体、誰にでもあり得ることだということを認識しておきましょう。

事実、仕事を辞める理由のダントツ1位は「人間関係」なのです。参考資料として下記のデータを見てください。これは求人大手のエン・ジャパンが仕事を辞めた人に「仕事(アルバイトなども含む)を辞めたいと思った理由」について、アンケート調査した結果です。


退職理由

「エンバイトユーザーアンケート集計結果/エン・ジャパン株式会社」より



上記の集計結果からもわかるとおり、多くの人が仕事を辞める理由は人間関係絡みというわけです。
しかし、相性の合わない人が職場にいるという理由で仕事を辞めてしまうというのも、なんとも皮肉なものです。なぜなら、辞めた当人は仕事そのものにはやりがいを感じていたかもしれず、辞めずにとどまれば将来、社内で良いポジションに就けたかもしれませんよね。
つまり考え方によっては「職場の嫌なアイツ」によって将来の可能性が潰されたとも言えるのです。

ですので、今もし、会社の仕事そのものには満足しているが、相性の合わない人物がいるせいで仕事を辞めたいと思っている人は、ぜひこの記事を読み進めていただきたいと思います。

現状の仕事自体には満足しているのですから「嫌なアイツが攻略さえできれば問題は解決する」ということになるわけです。

まずは「嫌なアイツ」を冷静に客観視してみる

実は、筆者の私自身も10年間人事関係の仕事をしていたのですが、職場に相性の合わない人がいるから会社を辞めたいと社員が申し出てくるというのは常でした。

その人のどんなところが嫌いなのかと尋ねると、多くの場合決まって「性格とか人間性です。あの人、終わっていますから。」と言うのです。

ようするに、その人のすべてが嫌いだと言うのです。
悪い人間関係
頭に血が上っているから余計にそのように思うのでしょうが、冷静に考えてみれば、長所が1つもない“完全欠陥人間”はこの世に存在しないでしょう。

おそらくなにか特定のこと、例えば話しが長いとか、高圧的な態度を取るとか、空気が読めないなど、1つ、あるいは2つくらいのことから端を発して、やがてその人の全部に嫌気を感じるようになったのでしょう。

しかし、冷静に考えれば中身すべてが100%極悪という人間はいません。
ですので、職場の特定の人と相性が合わないと感じたときにぜひおすすめしたいのは、その人をもっと知るようにすることです。実際、嫌気がさす原因は「その人のことをよく知らないから」という場合が非常に多いのです。


先にもお話ししたように、私自身、人事という仕事柄たくさんの社員を見てきましたが、「ずっと嫌いだったアイツと一緒に仕事をしてみたら意外といい奴だった」とか「ちゃんと向き合って話したら今までのことが誤解だとわかった」という話しをよく社員から聞いたものです。

ですからまず、職場の人間関係で悩んだときに、自分自身の勝手な先入観が「嫌なアイツ」を作り上げていないかどうかを自分自身に問いかけてみてほしいと思うのです。

現状の会社にとどまりながら、相手との距離が調整できないかを探ってみる

相手の長所に目を向けるようにしたり、時々こちらからコミュニケーション図って関係の改善を試みても、なにも進展しない場合はどうしたらよいでしょうか?

それであれば、相手との距離をとる工夫をしてみてください。ようするに相手と接触する頻度を減らしていく工夫をしてほしいのです。

会社に異動願いを出すのも一つの手です。

とはいえ、それもなかなか難しい場合は、コミュニケーションスキルを高めて相手との距離感を保つようにします。

空手の世界では「いなす」という言葉があります。
「いなす」とは、相手が自分に対して攻撃を仕掛けてきたときに、体を傾けたり、肘を使ったりして相手の体制を崩して攻撃をかわす技術です。
この技術は、対話のスキルにも応用できます。

攻撃に対して攻撃をすれば、自分自身も消耗しますし、相手側もさらに躍起になって再び攻撃してきます。

対人とのコミュニケーションにおける「相手をいなす」手段の1つは、笑顔を作ることです。
笑顔でコミュニケーション
いつもニコニコしていると(もちろんその場の空気を読んだ上で)、相手はまるで肩透かしにあったような気分になり、調子を崩していきます。
ポイントは相手を「いなし」つつ、必要以上の接触はしないということ。このようにしていくことによって、やがて相手は攻撃しなくなりますので、良い距離感が保てるようになってくるはずです。

それでも状況が改善できなかったら?

考え方を変えたり、改善を試みても一向に成果が出ない場合、転職してリセットするものいいと思います。無理をして心身が壊れてしまっては元も子もありませんので、そうなる前に早めに動き出しましょう。

ただ、ここで言っておきたいのは、会社を変えたとしても人間関係の悩みは必ず出てくるということです。

転職するとこれまでの悪い人間関係から解放され、心機一転、良い人間関係がスタートするのだと多くの人は考えますが、転職先で自分の望む人間関係が待っているという保証はありません。

ですから、現状の人間関係が辞めたい原因の場合は、慎重に転職を検討していきましょう。

おすすめの転職エージェント一覧はこちら


TOP