タイトル

肥後すっぽんもろみ酢は男性女性問わず「ぽっこりお腹」に効果的?




肥後すっぽんもろみ酢は、ダイエットをサポートするサプリなので、女性の購入者が多いようです。

しかし、肥後すっぽんもろみ酢は「ぽっこりお腹」の改善にもひと役かうことから、男性ユーザーも増えているようです。
  1. 男性も女性も要注意!ぽっこりお腹のリスクを知っておこう
  2. 肥後すっぽんもろみ酢がぽっこりお腹の改善に効果的な理由

中高年男性に「ぽっこりお腹」が多いのはなぜだろう?

中高年男性のイメージとしてあげられるのが「メタボ体型」ではないでしょうか?

手足は比較的痩せていても、お腹がぽっこり出ているのです。
メタボの男性
男性がぽっこりお腹になってしまう原因はいくつかあるのですが、その理由の1つの起源は狩猟時代にまでさかのぼります。

そもそも腹部につく脂肪は、胃や腸などの消化器官の隙間を埋めて内蔵を固定するための脂肪です。

よく内蔵脂肪は「定期預金」に例えられますが、かつて男性は狩猟時代に獲物を獲るまで運動し続けなければならなかったため、必要が生じればため込んでいたエネルギーを、定期預金のように、すぐに取り出す仕組みが必要だったわけです。
お腹周りにつく内蔵脂肪は、すぐにエネルギーに変換できるという特徴があるため、男性に内蔵脂肪がつきやすい傾向があるのは、生物学上理にかなっているのです。
また、男性に内蔵脂肪がつきやすい原因は他にもあります。

それは、加齢によるホルモンの分泌量低下です。

実は、男性ホルモンは脂肪をつきにくくする効果があります。

例えば「テストステロン」という男性ホルモンは、筋肉を発達させ、男性らしい体を作るホルモンです。

このホルモンによって、体内のエネルギーがたくさん消費される形になりますから、結果的に脂肪が燃焼されるわけです。

しかし、テストステロンは加齢とともに分泌量が低下してしまいます。

このようないくつかの原因が重なり、中高年男性は特に、ぽっこりお腹になりやすいのです。

お腹が出ていなくても要注意!男性女性問わず潜む「隠れメタボ」の恐ろしさ

「メタボ」という言葉は、時として笑いを誘うワードとして使われますが、実は非常に恐ろしい「疾患」と言えます。
メタボは死の一歩手前の病気と言っても過言ではありません。
通常、内蔵脂肪はさまざまな物質を体内に分泌しますが、それが脂肪の代謝や糖の代謝に関与したり、血圧を正常な値に調整したりする働きをします。

しかし、内蔵脂肪が異常に多い状態(メタボ)になると、これらの機能に障害が出てくるわけです。

その結果、動脈硬化や脳卒中、心臓疾患などの成人病に直結します。
心臓病の疑いがある男性
多くの人は、自分がメタボだと分かっていない、あるいは軽視しています。

ですので、この機会に、自分がメタボかどうかを診断してみてはどうでしょうか?
日本内科学会が作成した「メタボリックシンドロームの診断基準」によると、腹囲が男性の場合、85cm以上、女性は90cm以上の場合、メタボの可能性が高いとされています。
(それと同時に、血圧や血糖値、中性脂肪量を測ることで正確にメタボかどうかを診断できます)


しかし、この基準値以下の人でも「隠れメタボ」に属しているケースがあります。

2016年に厚生労働省が公表したデータによると、メタボが970万人だったのに対し、隠れメタボは914万人と推定されているようです。

特に、隠れメタボは女性に多い傾向があります。

原因は、ダイエットや運動不足です。

つまり、痩せたいからといって、食事を制限したり、運動を行わない生活を送ることが、体内の脂質に異常をきたしてしまい、血中の脂肪やコレステロールが多くなってしまっているのです。

こうして考えると、男性、女性問わずメタボに対してきちんと向き合う必要があるのではないでしょうか?

肥後すっぽんもろみ酢は「ぽっこりお腹」に効果が出やすい?

運動や基礎代謝(安静にしていてもエネルギーが消費されること)の消費量よりも、食事から摂取するエネルギーが上回っている場合、そのエネルギーは脂肪として体内に蓄積されていってしまいます。

しかし、若い頃はお腹部分に脂肪が比較的つきにくかったのです。

なぜなら、若い頃は筋肉量が多かったからです。

腹部に取り巻く内蔵脂肪は、胃や腸などの内蔵を正常な位置に固定するためのものですが、若い頃は、内蔵脂肪を覆う、腹直筋、腹横筋が発達しているのです。

腹直筋は、お腹正面の部分を縦長に覆う筋肉、つまり腹筋。

腹横筋は、背骨の方からお腹正面にかけて横長に覆う筋肉。
腹筋
若いうちは、これら2つの筋肉が発達していることによって、内蔵脂肪が締め付けられているため、内蔵脂肪がつきにくくなっていたということです。

しかし、加齢とともにこれらの筋肉が弱体化し、締め付け効果が弱くなってきたため、容易に内蔵脂肪が増えてしまうわけです。

ですから、内蔵脂肪を減らす(ぽっこりお腹を解消する)には、筋肉量を増やし強化しなければなりません。
肥後すっぽんもろみ酢は、すっぽんのアミノ酸が豊富に含まれており、それが筋肉を作るための貴重な原料となります。
そのような観点から、肥後すっぽんもろみ酢は、ぽっこりお腹の解消に効果的と言えるのです。


しかし、肥後すっぽんもろみ酢の使用と同時に、実践したいただきたいこともあります。

肥後すっぽんもろみ酢でぽっこりお腹を撃退するコツ

肥後すっぽんもろみ酢は、飲んでいれば脂肪がどんどん減っていく万能薬ではありません。
肥後すっぽんもろみ酢は、筋肉量を増やしたり強化するために必要なアミノ酸をはじめとした栄養が濃縮された食品に過ぎません。
しかし、上手に生かせば、ぽっこりお腹を解消することは十分可能です。
スリムなお腹
筋肉量を増やすことは、脂肪の燃焼に繋がるわけですが、実は筋肉は破壊と修復を繰り返すことによって増えていきます

例えるならば、いまだにファンが多い人気マンガ「ドラゴンボール」の主人公“孫悟空”のようです。

彼の種族は、戦いで傷つき、治療し、また傷つき、治療し・・・を繰り返すことで肉体的に強くなっていく種族でした。
私たちの筋肉も同様で、使うことによっていったん傷つかないと増えていかないのです。


ですので、筋肉の材料になる肥後すっぽんもろみ酢を飲むだけでは、効率良く筋肉を増やせません。

筋肉は使わないと増えないのです。

ですから、おすすめなのは「ながら運動」を生活に取り入れることです。

例えば、デスクワークをしながら、片足を上げて数秒間キープする「ながら運動」は、腹直筋と腹横筋をかなり刺激します。

また、背筋をピッと伸ばし、階段を一段飛ばして上るのも、筋肉にかなり刺激を与えられるのです。

このように、日々の生活を送る中で「ながら運動」で筋肉を傷つけ、それを修復することでぽっこりお腹は解消していくことでしょう。

筋肉の修復には肥後すっぽんもろみ酢が効果的ですから、上手に活用するとよいですね。



TOP