タイトル

【肥後すっぽんもろみ酢】の効能とは?効能を引き上げる食事法も紹介




肥後すっぽんもろみ酢は、健康食品に該当するため、効能が保証されているわけではありません。

しかし、効能(期待値)を上げることは可能です。
そこで、今回は肥後すっぽんもろみ酢の効能を上げるためにおすすめの食事法について紹介します。

肥後すっぽんもろみ酢の効能について理解しよう

肥後すっぽんもろみ酢の効能を引き出す食事法について、これからお話ししていくわけですが、その前に肥後すっぽんもろみ酢に配合されている栄養について、きちんと理解しておかなければなりません。

サプリメントは栄養が濃縮された食品ですから、サプリを飲むことで普段摂取する栄養に、高濃度の栄養が別途加わる形になります。

ですので、それを計算に入れて食事を管理しないと、栄養過多を招き、健康を害する可能性も否めなめないのです。
サプリを飲む女性
肥後すっぽんもろみ酢は、スッポンのアミノ酸、コラーゲン、ビタミンB6、カルシウム、亜鉛、ビタミンEがバランスよく配合されており、これらの栄養は私たちの筋肉を作る原料になったり、強化するのに大きな役割を果たします。

肥後すっぽんもろみ酢は、筋肉を増強することで、基礎代謝を向上させ、ダイエット効果を目指すサプリというわけです。

筋肉の増強なくして基礎代謝を向上させることはできません。

もちろん、運動することも筋肉を増強させる上でとても大切なのですが、筋肉を形成させるために必要なのはタンパク質(アミノ酸)です。

しかし、体内のタンパク質(アミノ酸)は、代謝によって体外に排出されることも非常に多いのです。

ですので、きちんとタンパク質を体内にストックしておかないと、体は筋肉組織を分解してタンパク質の欠乏をなんとか回避しようとしてしまいます。

このようなわけで、基礎代謝の向上に欠かせない筋肉の増強に必要なタンパク質(アミノ酸)を日頃から摂取するのが望ましいわけです。
とはいえ、肥後すっぽんもろみ酢でタンパク質(アミノ酸)を手軽に摂取できるからといって、いい加減な食生活を送っていいわけではありません。
肥後すっぽんもろみ酢のダイエット効果を引き上げるためには、食生活の中で気をつけるポイントもあるのです。

肥後すっぽんもろみ酢の効能はバランスのよい食生活の上で成り立つもの

前項で、タンパク質が欠乏すると、体は筋肉組織を取り崩してしまうとお話ししましたが、この作用は「カタポリック」と呼ばれます。

これにより、筋肉は痩せてしまい、基礎代謝が低下します。

その結果、脂肪が燃えない、痩せにくい体質に変化してしまうのです。

ダイエットをしようとする人は、まず食事を減らすということから始めるケースが多いと思います。

しかし、これが落とし穴になります。
要するに、食事制限をすることによって、一時的には痩せるかもしれませんが、カタポリック(タンパク質の欠乏)を起こしているケースが多く、普通の食事に戻すと、久しぶりに運ばれてきた栄養をため込もうという作用が働き、リバウンドしてしまうわけです。
ですから、大前提として、痩せたいからといって食事を制限するのはやめた方がよいでしょう。


大切なのは量を減らすことではなく、バランスよく食べることなのです。
バランスの良い食事
肥後すっぽんもろみ酢は、あくまでも普段の栄養にタンパク質(アミノ酸)を補充する食品ですから、バランスのよい食生活の上で効能を期待できるということです。

肥後すっぽんもろみ酢の効能を台無しにする?糖質や脂質は控えるべき?

ひと言で「バランスのよい食生活」と言われても、具体的にどのような食生活がバランスがよいのかイメージしにくいと思います。

結論から言えば、ダイエットを成功させる上での「バランスのよい食事」のポイントは3つです。


  1. 高タンパク質
  2. 抑えめな糖質
  3. 良質な脂質


上記の3点セットが反映された食生活がベストです。

高タンパク質

繰り返しお話ししてきたように、高タンパクな栄養は基礎代謝を向上させるための筋肉作りに欠かせません

これについては、肥後すっぽんもろみ酢でサポートできますが、できれば普段からタンパク質を少し多めに摂取するように意識するとなおよいです。

控えめな糖質

次に糖質について。
角砂糖
お米や小麦、麺類など、私たちの「主食」に含まれる糖質は、必要以上に摂取してしまうと、脂肪として体内に蓄えられてしまいます。

しかし一方で、糖質は私たちの体を動かすための主要なエネルギー源です。

この糖質の摂取が制限されてしまうと、脳の働きが悪くなったり、疲れやすくなったりするなど、生活に支障が出てきます

ですから、糖質は制限し過ぎてはいけません。やや控えめにするくらいの感じがベストです。

良質な脂質

最後に脂質です。

脂質は、肥満に直結するのでなるべく食べない方がよい。

多くの人はそのように思っていますが、一概にはそうとも言えません。

確かにダイエットを成功させる上で脂質を減らすことはとても大切ですが、脂質がすべてダメということではなく、脂質の「質」が大事なのです

脂質には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪の2種類がありますが、前者の飽和脂肪酸は脂肪になりやすく、後者の不飽和脂肪は脂肪になりにくい「良質な」脂質です。

不飽和脂肪は、マグロやイワシ、ブリ、などの魚類に多く含まれています。
イワシ
また、調理法によって余分な脂肪の量を減らすことができます。

例えば、お肉を調理するときに、脂の部分をそぎ落とすことで、質の悪い脂質を大幅にカットすることができます。

また、焼いたり油で揚げる調理法よりも、煮たり蒸したりする調理法の方が脂質をより多くカットできます。

このように普段の食事に何らかの工夫を加えることによって、バランスよく栄養を摂取することができるのです。

こうしたバランスのよい食生活は、肥後すっぽんもろみ酢の効能も引き立てることができるわけです。

肥後すっぽんもろみ酢の効能を引き立てる食事はバランス・タイミング・吸収スピードが大切

肥後すっぽんもろみ酢はタンパク質(アミノ酸)を手軽に摂取できるので、筋肉の材料になり、基礎代謝アップに繋がる。

しかしそれは、バランスのよい食生活の上でより効能を期待できるというお話しをしてきました。
最後になりますが、バランスのよい食事に加え、食事を摂るタイミングや吸収スピードを意識するとなお効果的です。
食事をする女性
特に夜9時以降の食事はなるべく避けるようにしましょう。

私たちの体は、夜9時以降、糖質や脂質を脂肪に変換する作用が盛んになるため、夕食を摂るタイミングはとても重要です。

また、糖質を含む食品は、早食いすると血糖値が急激に上昇し、それを抑制しようとしてインスリンというホルモンが分泌されてしまいます。

インスリンは糖を中性脂肪に変換する働きがあるため、肥満の原因になります。

肥後すっぽんもろみ酢は、ダイエットを目的としたサプリですから、ダイエットに相反する食事のタイミングや食べ方にも気をつけるとよいです。



TOP