タイトル

抜け毛・薄毛予防にクレムドアンクリームシャンプーは効果的?




最近は薄毛や抜け毛に悩む女性が増えているようです。

クレムドアンクリームシャンプーは薄毛や抜け毛にも効果的と人気なのです。

今回は薄毛や抜け毛の原因、そしてそれにクレムドアンクリームシャンプーがどのようにアプローチするのかについて解説します。
  1. 女性の抜け毛の原因は頭皮の「乾燥」
  2. 多くのシャンプーは頭皮の乾燥を助長してしまう
  3. クレムドアンクリームシャンプーが抜け毛・薄毛に効果的な理由

知っておこう!女性の抜け毛・薄毛の原因は頭皮の「乾燥」

抜け毛や薄毛の原因は、頭皮を清潔に保っていないからなのだと考える人はとても多いです。

ですから、抜け毛や薄毛に悩む人の多くは、頭皮の汗や皮脂を根こそぎ除去する「洗浄力の高い」シャンプーをこぞって使用します。

しかし、こうしたことは、逆に抜け毛や薄毛を促進してしまう可能性があります。
髪を洗う女性
本来、頭皮は肌と同じで水分と皮脂で適度に潤っていなければいけません。

この「適度な潤い」が頭皮のバリアー効果となって、外気からの汚れや雑菌から頭皮を守り、頭皮を清潔に保つのです。

その結果、頭皮の血流が良くなり髪の毛が生えやすくなるのです。

実は、巷で市販されているシャンプーの多くは、非常に洗浄力が強いです。
こうしたシャンプーには泡立つように界面活性剤が入っているのですが、中でも石油系界面活性剤(最近では高級アルコール系界面活性剤とも呼ぶ)は特に洗浄力が強力。
洗い上がりがさっぱりするので、頭皮が清潔になったような錯覚を起こしがちですが、これは間違い。
髪が生えやすい頭皮づくりに欠かせない皮脂までも取り除いてしまうので、頭皮はバリアー効果を失い、外気からの汚れや雑菌にさらされることになります。


ですから、抜け毛や薄毛を改善・予防するためには、洗浄力のマイルドなシャンプーを選ぶべきなのです。

クレムドアンクリームシャンプーはなぜ頭皮の乾燥に効果的?

では、洗浄力がマイルドなシャンプーとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

洗浄力がマイルドなシャンプーというと、今流行りのオーガニックシャンプーやボタニカルシャンプーを思い浮かべるかと思います。
しかし、それよりも大切なのは、シャンプーの形状なのです。


メイク落としで例えるとわかりやすいかと思いますが、


  1. シート
  2. オイル
  3. ジェル
  4. クリーム
  5. ミルク


このように、同じメイク落としでも、そのタイプ(形状)で洗浄力の強さは変わってきますよね。

つまり、成分が優しくても「泡」である以上は、頭皮への刺激が強くなってしまうわけです。

その点、クレムドアンクリームシャンプーは、刺激の少ないクリーム状で、しかも成分は天然オーガニック。
オーガニックオイル
シャンプーは泡立つものという固定観念があるので、初めは「本当に汚れが落ちるの?」と心配になってしまうかもしれませんが、要はクリームクレンジングと同じ要領なので、きちんと汚れは落ちます。

私自身、クレムドアンクリームシャンプーを半年以上使用していますが、整髪料などをつけていても、汚れが落ちなくて困ったなどという経験はないので大丈夫です。

このように洗浄力がマイルドかつ潤いたっぷりの成分で洗うことで、頭皮を乾燥から守り、薄毛・抜け毛の改善や予防となるのです。

クレムドアンクリームシャンプーは育毛効果のある成分もプラスされている

クレムドアンクリームシャンプーは、頭皮の乾燥を防ぐだけではありません。

実は、育毛効果も期待できます

クレムドアンクリームシャンプーに配合されている育毛成分、
  1. マンダリンオレンジエキス
  2. ダイズエキス
  3. マグワ根皮エキス
この3つの成分は、大手メーカーが発売している育毛剤にも含まれている成分です。

これらには、それぞれ血行促進効果、脱毛抑制効果、髪の毛の成長促進効果があるので、毎日使うことで健康的な髪を育てることができるのです。
育毛効果を実感している女性
このように、クレムドアンクリームシャンプーには頭皮の乾燥を防ぎ、抜け毛を予防、さらに育毛ケア効果も期待できます。

ただし、先ほどから説明しているとおり、クレムドアンクリームシャンプーは潤い成分がかなり高いので、頭皮が脂性の人が使うと吹き出物ができたりべたついてしまったりする場合があります。

ご使用の際は、自分の頭皮の状態をよく確認するようにしてくださいね。

また、頭皮の乾燥は紫外線も原因の一つです。

頭皮や髪は常に無防備に日差しを浴びているため、肌よりもその影響を受けやすいのです。

最近は頭皮・髪専用の日焼け止めもありますので、クレムドアンクリームシャンプーと一緒に試してみるといいかもしれませんね。



TOP