タイトル

面接の志望動機はもっとも注目される質問!攻略のポイントを紹介




面接においての志望動機は、企業側がもっとも注目する重要ポイントです。

しかし、いざ本番になるとしどろもどろになったり、抽象的な言葉だけ並べてしまい、面接官の心に刺さらない答え方をしてしまうことも少なくありません。志望動機を上手に伝えるのは意外と難しいのです。

そこで今回は、以下の点について解説したいと思います。

面接で必ず尋ねられる「志望動機」の大切さを再確認しよう

もし、あなた自身が人を雇う側だったら「なぜこの人はウチの会社に入りたいのだろう?それをまず知りたい」と思うはずです。

面接を実施する企業側にとって、応募者が採用ニーズに合っているかを見分けるのも重要ですが、どのようなモチベーションを持った人材なのかを見極めるのも非常に重要なのです。

企業は、高いモチベーションを持って自社のために尽くしてくれる人を望んでいるわけです。
高いモチベーション
「この応募者はあたりさわりのないことを言ってとりあえず採用されたいだけなんだろう。何かうちの会社でやりたいことがあるわけでもなさそうだ。」

もしも、そのようなスタンスが垣間見えたなら、どんなにニーズを満たしている優秀な人材であっても、不採用を出すでしょう。

ですので、志望動機を聞かれたときに、自分の情熱をうまく面接官に伝えるために、事前に考えをまとめておくべきなのです。

まずやるべきは、やりたい仕事と企業のニーズをマッチさせること

基本として、志望動機を聞かれたら「御社でこのような仕事がしたい、だから御社を選んだのです」というスタンスを取るのがベストです。
それを伝えるためには、自分はどんな仕事がしたいのか?また、企業のニーズは何なのか?を事前に整理しておく必要があります。

また、再就職者の場合は、自分のやりたい仕事を明確にすると同時に、それに見合ったスキルがあるかどうかも重要ですので、これについても事前によく整理しておくべきです。


経験やスキルが全くない状態でも採用してもらえるのは新卒の場合だけです。

このすり合わせがうまくできない人が多いのですが、シンプルに進めていくためにおすすめしたい方法は、まず先に企業のニーズを調べることです。

ホームページや冊子などの資料を通じて、その企業がどのような事業を展開していて、どのような人材を必要としているのか?今回の募集はどのような目的で実施されているのか?を十分に調べるわけです。

そうすると、おのずと企業のニーズの全体像が見えてきます。

その上で、自分のスキル、経験、モチベーションと一致する部分を拾い集めていけばよいわけです。
考える女性
もし経験してきた業界が応募した会社と異なる場合でも「一致」する部分を見つけることはできます。
例えば「商品やサービスの対象としている層が同じ」とか「活動スタイルが似ている」など。
このように自分と企業が一致している、同じ軸を持っている部分をどれだけ明確にできるかが、採用を大きく引き寄せます。

上手に志望動機を伝えるために「今までやりたい仕事ができなかった理由」もまとめておく

面接のときに、自分はこの仕事がぜひやりたいのですと熱心にアピールしても、面接官から「じゃあ、なぜ今までそれができなかったのですか?」とツッコまれることもしばしばあります。

ですので、どうして今まで自分のやりたい仕事ができずにいたのか?もまとめておくと、そのような質問が飛んできたときにあたふたせずに済みます。
ここで大切なのは、今までやりたい仕事ができなかったことを人のせいにしてはいけないという点です。


多くの人は自分のやりたい仕事ができなかった理由として「上司に理解がない」とか「会社が実力を認めてくれない」とか「一緒にやる仲間のできが悪い」などをあげます。

しかし、これでは自分を正当化しているなと評価されてしまいかねません。

もし、これまでの会社への批判や不平不満を面接官に伝えてしまえば、「単なるわがままなのではないだろうか?」と思われてしまうでしょう。
疑われる
そうならないようにするためには、自分のやりたい仕事をするために最大限の努力をしてきたが、ミスマッチが解消されなかったことを真摯に伝えることです。

ここで言う「最大限の努力」とは、自分のやりたい仕事をするために、会社に対して企画の売り込みをしたとか、上司を説得したとか、異動の自己申告をしたなどです。

リストラされて再就職を目指している場合はどのように志望動機を伝える?

前職をリストラされて、再就職を目指している場合、採用面接時においてネガティブな発言をしてしまい、面接官の心象を悪くするケースがありますから要注意です。

前職をリストラされた人が面接に来た場合、面接官の頭を最初によぎるのが「前職で何か問題があってリストラされたのではないか?」ということです。

面接官は、応募者が前職でどのような姿勢で働いていたのか?能力に問題はなかったのか?を短時間で見分けなければならないのです。ですので、場合によっては応募者にとって「批判されている・責められている」と感じる質問をされるかもしれません。

しかしそれはただ、もやもやを解消したいだけです。
ですから、もしこちらが困る質問をされた場合においても、自分をリストラした会社の批判や不平不満を述べるのではなく、前向きさをアピールしましょう。
過去の事情にはネガティブになってしまうものもありますが、その経緯を経てポジティブな今があることが伝われば、逆に大きな評価につながります。

まとめ

これまでのお話しで、転職の面接で質問される志望動機の重要性についておわかりいただけたのではないでしょうか?

志望動機を上手に伝えられるかどうかは、事前の準備にかかっていますので、しっかり準備してのぞみましょう。


TOP