タイトル

忍び寄る【大人のカロリミット】副作用疑惑!真相を徹底解明!




大人のカロリミットは年齢とともに低下する代謝をサポートする人気サプリ。

しかし、サプリであるからには副作用の危険性はゼロとは言い切れませんので、今回は大人のカロリミットに危険な副作用が生じる可能性について調べてみました。

有名なダイエットサプリに副作用が出た事例はいくつもある

例えば2003年に、化粧品・サプリなどで有名なDHC社のダイエットサプリに含まれる「クマリン」という成分が原因で、肝機能障害の副作用が発症した事例を、厚生労働省が公表しました。

「クマリン」は、ハーブの一種で日本でも医薬品として用いられており、本来ならば危険性はないのですが、サプリに含まれるクマリンの含有量が基準値を超えていたため副作用が生じたのです。

下記の表は、国民生活センターがこの件を受けて「クマリン」が含まれる、当時販売されていたダイエット商品を複数ピックアップし、それぞれどのくらいの含有量があるかを調べたものです。


dhc社サプリのクマリンの含有量

拡大

「独立行政法人国民生活センター」より



これを見て分かるように、DHC社のダイエットサプリには、基準値を大幅に超えるクマリンが含まれていたわけです。

DHCといえばとても有名な企業ですが、過去にこのような問題が起きていたのです。

ですので、有名企業の商品だからと言って100%安心できません。

まずはこの点を頭に入れておきましょう。

大人のカロリミットに危険な副作用はある?6つの成分を徹底検証

大人のカロリミットを販売するファンケルは、同商品に配合されている成分を全て公表しています。
ファンケル
1日の使用目安量(4粒)につきそれぞれの成分が何g含まれているかをパッケージや公式HPで確認できるのです。

巷で販売されている多くのサプリは、原材料名は記載してあるが栄養成分表までは載せていないものも多く見受けられるので、栄養成分が具体的数字で記載してあるという点では、消費者としては評価できると思います。
成分をチェック
大人のカロリミットの成分は全部で6つ

では、6つの成分のダイエット効果も同時に検証しながら、大人のカロリミットに副作用があるかどうかを調べたいと思います。




サラシアエキス

ペンタメトキシフラボン

4粒あたり2.25g

まず、ペンタメトキンフラボンです。

これはブラックジンジャーエキスで黒生姜から抽出されたエキス、ということになります。

黒生姜は広く食べられている食品ですので、当然ですが副作用はありません

ちなみに、生姜には血行を促進し、代謝を高める効果があるため、痩身効果が期待できます。

黒生姜にはこれに加えて、生姜にはない「フラボノイド」が含まれているため、脂肪を燃焼させる効果も期待できます。


ギムネマ酸

ギムネマ酸

4粒あたり9.4mg

ギムネマ酸とは、かなり聞きなれない言葉ですが、これはインド産のガガイモ科の「ギムネマシルベスタ」と呼ばれる薬草に含まれる成分です。

ギムネマシルベスタは、とても不思議な薬草で、甘い物を口に含んだ後に、この薬草の葉を噛むと甘味を感じなくなります。

なぜかと言うと、このギムネマシルベスタの葉に含まれるギムネマ酸には、糖分を分解する性質があるからです。

つまり、糖の吸収を抑えることができるわけですから、ギムネマ酸は、ダイエット効果が高いと言えます。
その反面、糖分を分解するという作用があるということは、血糖値が下がるわけですから、糖尿病の方には何らかの悪影響が出る可能性がありますし、血糖降下剤を服用している方は低血糖症状に陥る恐れがあります。


ですから、そのような心配がある方は医師にきちんと相談してから大人のカロリミットを使用するとよいでしょう。


桑の葉由来イミノシュガー

桑の葉由来イミノシュガー

4粒あたり0.2mg

桑はクワ科の落葉樹です。

桑は根っこから葉まで、ビタミンやミネラルがとても豊富で、日本でも鎌倉時代から漢方薬の原料として用いられてきました。

ですので、桑に危険な副作用はありません

私たちが食べる炭水化物は、消化酵素によってブドウ糖に分解され、腸で吸収されるわけですが、桑にたくさん含まれているDNJ(1-デオキシノジリマイシン)という成分が、ブドウ糖の吸収を邪魔して、腸内で分解してしまうため、結果としてブドウ糖の吸収がセーブされる形になります。

ようするに、余分なブドウ糖を吸収しないで済むためダイエット効果が期待できるわけです。

ただ、注意する点をあげるなら、DNJという成分の作用で、ブドウ糖が吸収されない代わりに腸で分解されるので、腸内でガスが発生します。

ですから、飲むと少しお腹が張ったり、オナラが出やすくなったりする可能性もありますが、これは副作用とは違います。


エピガロカテキンガレート

エピガロカテキンガレート

4粒あたり14mg

エピガロカテキンガレートとは、緑茶のことです。

ご存知のとおり、緑茶にはビタミンやカテキンなどたくさんの栄養が含まれていますが、ダイエット効果も期待できます。

例えば緑茶に含まれる「カテキン」は腸内の悪玉菌を殺菌して、善玉菌を増やす働きがありますから、腸内環境を良くします。

そうなると、消化が良くなるので代謝の向上に繋がります。 当然ですが、緑茶についても副作用はありません

しかし、緑茶にはカフェインが含まれています。

カフェインは1日500mg以上摂ると中毒症状が出るケースがありますから、摂り過ぎに注意した方が良いと言われています。

しかし、カロリミット4粒に含まれる緑茶エキス(エピガロカテキンガレート)は14mgなので、この点についても、まず心配いらないでしょう。


キトサン

キトサン

4粒あたり100mg

キトサンは、カニやエビの殻や、イカの骨格、きのこの細胞壁などに含まれる動物性の食物繊維を抽出させたものです。

実は、キトサンは厚生労働省から認可された「トクホ(特定保健用食品)」ですから、副作用はありません

このキトサンは、腸内に残っている余分な脂肪を吸着しそのまま便として排出する働きがあり、腸内環境を整えるので、ダイエットにも効果的と言えます。


インゲン豆由来ファセオラミン

インゲン豆由来ファセオラミン

4粒あたり0.29mg

インゲン豆も非常に栄養価の高い食品です。実はインゲン豆には、先ほどの「桑の葉エキス」と同じ作用があります。

インゲン豆に含まれる「ファセオラミン」という成分は、桑の葉エキスと同じくブドウ糖が腸内で吸収されるのを邪魔するので、ブドウ糖が脂肪として蓄えられるのをセーブする形になります。

実は、インゲン豆には「レクチン」というタンパク質があるのですが、これには毒性があります

レクチンの毒は十分に加熱すれば消えますが、インゲン豆を生で食べてしまうと、レクチンの毒性により、激しい下痢や嘔吐などに見舞われることがあります。

ただ、カロリミットの場合はサプリですから、加工の工程で加熱処理されているため副作用の心配はありません

まとめ |
大人のカロリミットに副作用が生じる可能性は低そう

これまで、カロリミットの全成分6つについて、危険な副作用があるかどうか検証してきました。
大人のカロリミットは、基本的には副作用の心配はありません。


しかし、100%安心というわけでもなく、下記の症状をお持ちの方は使用前に医師に相談するなどした方が良いと思われます。
  1. 糖尿病の人
  2. 血液降下剤を服用している人
  3. カニアレルギーの人
  4. エビアレルギーの人
  5. キノコアレルギーの人
  6. 大豆アレルギーの人


もう少し説明を加えると、以下のようになります。

糖尿病の人や血液降下剤を服用している人
先にも説明した通り、桑の葉エキスに含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)という成分は、腸で糖を分解して、糖が腸に吸収されるのを邪魔します。そして、桑の葉エキスは血糖値を下げます。
これらのことから、糖尿病の人や血液降下剤を服用している人は医師に相談してからカロリミットを使用する方が良いでしょう。
アレルギー持ちの人
カロミットにはインゲン豆エキスが配合されています。 インゲン豆、つまり大豆ですから大豆アレルギーを持っている方は要注意です。
また、キトサンはカニやエビの殻、キノコの細胞壁からエキスを抽出していますから、これらのアレルギーを持っている方も要注意
ただ、カロリミット1粒に含まれるこれらの成分はとても微量なので、神経質になり過ぎてもという感じですが、気になる方はまず、かかりつけの医師に相談してからの方が安心だと思います。

大人のカロリミットには副作用の心配は基本的にありませんが、これらの点には注意した方が良さそうです。

大人のカロリミットの口コミをもっと見る?
大人のカロリミットの口コミ掲示板はこちら
大人のカロリミットの口コミ掲示板はこちら

大人のカロリミットの最安値情報

大人のカロリミットは、ドラッグストアなどで市販されていますが、機能性表示食品ということもありお値段もそれなりにお高いです。

しかし、ネットの公式サイトであれば、お試し価格で安く購入できます。
公式サイトはこちら
大人のカロリミットの公式サイト

※画像をクリックすると公式サイトにジャンプします



公式サイト価格

初回:1,000円(税込)
※56粒入り(2週間分)

大人のカロリミットは錠剤タイプで手軽に使用できるので、仕事や家事で忙しい方には特におすすめです。


TOP